単身パック

引越し単身パックとは?

単身パックは本当に安いのか?単身パックのメリットとデメリット
一般的な引越しでは、独身一人暮らしで同一県内の引越しでも、ドライバー1人に作業員が1人か2人ついてだいたい5万円程度はかかってしまいます。

 

ところが、

 

単身パックというサービスを利用すれば1万円程度の格安料金で引越しができます。

 

特に、荷物の量が少なく、移動距離が長い場合にはこのサービスを利用することで大幅に料金を節約できます。

なぜ単身パックは安いのか?

単身パックがなぜ安いのかというと、単身パックでは専用のボックスに荷物を詰められるだけ詰め込んで、それを他の荷物と一緒に運ぶサービスだからです。

 

通常の引越しでは、トラック一台とドライバー、作業員が自分の引越しのためだけに必要になりますが、単身パックでは他の荷物と一緒にまとめて配送されるので、専用のトラックとドライバー、作業員が必要ないので安いのです。

 

さらに、単身パックでは料金が統一されて公開されているというメリットもあります。

 

利用者がボックスの大きさと移動距離を選択すると、それに応じて決まった料金が算出されるので、通常の引越しのように訪問見積もりは必要なく、インターネット上で契約が完結されます。

単身パックのデメリット

ただし、荷物がボックスに全部入らなくても、それは業者の責任ではなく、ボックスの大きさを選んだ利用者の責任になります。

 

基本的に、荷物が届くのは翌日になってしまうことにも注意が必要です。同一市内の引越しで当日中に荷物を届けて欲しい場合には業者に確認しておきましょう。

大手引越し業者の単身パック

以上が商品としてパッケージ化された「単身パック」ですが、これとは別に、引越し業者が個別に見積もりを出すタイプの「単身パック」も存在します。大手の引越し業者など、多数の業者が展開している「単身パック」サービスは実はこちらのタイプです。

 

個別に見積もりを出すタイプの単身パックでは決まった料金というのは存在せず、通常の引越しと同じで、業者が家に訪問をしにきて、個別に見積もりが出されます。決まった料金が存在しないので、値引き交渉をすることで料金を安くすることもできます。

 

料金は業者側の都合で高くなったり安くなったりしますが、料金に下限がないので、交渉次第でいくらでも安くできるのがこちらのメリットです。移動距離が短い場合には、商品としてパッケージ化されたタイプの「単身パック」よりも料金を安くできる場合もあります。

料金を安くするコツ

料金を安くするコツとしては、平日を選ぶこと、業者が多望なシーズンを避けること、自分も手伝うから作業員を一人減らしてもらうように交渉することなどです。

 

見積もりをとるときは最初から一社に絞るのではなく、一括見積もりサービスなどを利用して複数見積もりをとりましょう。