パソコンの引越し方

パソコンの引越し方(運び方・保証)

パソコンの引越し方(運び方・保証)

 

パソコンの引越しにおいて、追加料金がかかることはほとんどありません。他の電化製品などと同様で、毛布などでくるんで壊れないようにして運ばれることが多いようです。中には、そのままダンボールに入れるだけという業者もあるようです。このように、一般の電化製品と同様に扱われてしまうというのが実情なので、パソコンの引越しで特に入念に梱包してほしい場合には、あらかじめ引越し業者にその旨を伝えておくとよいでしょう。もしくは、パソコンの梱包は自分で入念に行なうというのが一番安全かもしれません。

 

パソコンの引越しで気になるのが壊れたときに補償があるのかどうかですが、特別な補償がない引越し会社のほうが多いみたいです。一般的な荷物の紛失・破損に関する補償については、保険に加入してさえいれば補償されます。

 

しかし、パソコンの破損については、特に外傷が見られない場合には、壊れていても補償がされないというケースも多いようです。

 

後は、引越し業者のクレーム対応にかかっています。クレーム対応をきちんとしてくれる業者なら、パソコンの修理代などを出してくれる場合もあります。

 

しかし、作業中に落としたとかいった事情がなく、外傷も見られない場合には、最初から壊れていたのでは?となって争いになるかもしれません。見積もり段階でパソコンの補償内容についてはよく確認しておくことが大切です。

 

パソコン本体についての補償があっても、中身のデータまでは補償されません。引越しのトラックというのは、普通車に比べてかなり振動があります。ハードディスクのような精密機械は振動に弱いので、中身のデータは消えて当然だと思っておいたほうがいいかもしれません。その上で、しっかりとバックアップをとっておきましょう。大事なデータが入ったパソコンはなるべく自分で運んだほうがいいでしょうね。

 

引越し業者の営業マンが見積もりのときに「まかせてください」と言っていても、実際に作業するのは慣れないアルバイトなどであることもあります。作業するスタッフさんには、どのダンボールにパソコンが入っているかを伝えておき、特に気をつけて運ぶようにしてもらいましょう。大事な荷物については、最後に手渡しをするという方法も有効です。最後に渡した荷物は、トラックの最後のスペースに置かれることになり、引越し先での搬入の際には一番最初に運ばれる荷物になります。最後のほうになると大切な荷物であるということを降ろす際には忘れているということもありますが、一番最初の荷物であれば、忘れることもありません。